JR三鷹駅より徒歩2分。白内障日帰り手術なら武蔵野タワーズゆかり眼科|東京都武蔵野市

東京都武蔵野市で白内障の日帰り手術なら当院へ。JR三鷹駅北口より徒歩2分

トップ画像

ホーム ≫ 白内障手術について ≫

白内障手術について

メニュー

白内障とは

白内障とは、目の中にある水晶体(レンズ)がにごり、視力が低下したり物がかすんでぼやけて見えるようになる病気です。
水晶体が濁ってくることで、かすんだり、ぼやけたり、まぶしかったり、メガネが合わなくなったりします。多くは老化現象で、程度には個人差がありますが60歳を超えると多くの方に起こります。正常な眼と白内障の眼の解説図

白内障を根本的に治療する方法は手術しかありません。
手術の時期については、見えづらさを感じるようであればもちろんですが、良く見えていても、明るいところでかすみ、眩しさが強い場合などには手術の適応となります。
白内障の手術では、濁った水晶体を取り除いて、代わりに人工の眼内レンズを入れます。この眼内レンズの度数によって、術後の見え方が決まってきます。手術前検査のときに、術後にどのような見え方が良いかご相談致します。

白内障の症状として、以下のような特徴があります。

□視界がかすんで見える
□太陽の光をまぶしく感じることが多い
□ものが2重、3重に見える
□眼鏡やコンタクトレンズで調整しても見づらい
□色が鮮やかに見えない

手術の手順

濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波水晶体乳化吸引術)、人工のレンズ(眼内レンズ)を移植します。
(1)角膜または強角膜を2mm程度切ります

(2)白内障で濁った水晶体を超音波で細かく砕いて吸い取ります
人工の水晶体(眼内レンズ)を移植します

レンズの種類

白内障手術の手術の際に、取り除いた水晶体の代わりとなる人工水晶体"眼内レンズ"の移植を同時に行います。
眼内レンズの度数や種類により術後の見え方を選択することが可能です。

眼内レンズの種類


眼内レンズの種類は様々なタイプがありますが、大きく分けると"単焦点眼内レンズ""多焦点眼内レンズ"に分けられます。

  単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ
長所 解像度、コントラスト感度に優れている 眼鏡を必要としなくても、遠くも近くも見える
欠点 ・ピントの合う範囲が狭いため、見たい距離に応じて眼鏡の併用が必要 ・単焦点に比べ、コントラストがやや劣る
・光の眩しさや滲みを感じやすい傾向がある
・「ぼやける」「かすむ」など原因不明の症状(waxy vision)が起こる可能性がある
費用 健康保険適応  選定療養・自由診療

焦点眼内レンズ…保険診療が可能なレンズで、1つの距離に焦点を合わせる眼内レンズです。
白内障の濁りがなくなりとても明るく見やすくなりますが、ピントが合う距離は一ヶ所のため、それ以外の距離を見るためには、眼鏡等による矯正が必要となります。
例えば、近くに焦点を合わせた場合、運動するときなどには遠距離用の眼鏡が必要となります。
遠くに焦点を合わせた場合は、手元を見る場合に近距離用の眼鏡が必要になります。

多焦点眼内レンズ…焦点が2つ以上あるため、遠くにも近くにもピントを合わせることができるレンズです。
しかし、複数の視点を事前に設定するので自由自在にピントを合わせられるというわけではありません。
見たいところに自由に焦点を合わせてくれる若い頃の水晶体とは違うので、見えにくい距離の場合は眼鏡が必要になることもあります。
最大のメリットは、眼鏡をかける頻度を減らすことができます。
デメリットとしては、遠近のピントの切り替えに慣れるまでに数ヶ月かかる場合があります。
また、夜にライトなどを見ると眩しく感じること(ハローグレア)や、単焦点に比べるとコントラストがやや低いことが挙げられます。

単焦点レンズ・多焦点レンズ共に様々な眼内レンズがありますが、一人ひとりのライフスタイルに合ったレンズを移植することが一番重要です。
仕事や趣味、一日の生活でどこを見ることが多いかなどを伝え、目の状態や生活に最適な眼内レンズを選択することが重要です。
眼内レンズは一度移植すると、一般的には取り替えずに一生使用するものなので医師とよく話し合って選択するようにしてください。

手術費用について

おおよそ下記の代金が手術代でかかります。(価格は全て片眼の金額)

単焦点レンズ(保険診療)

保険の種類 負担割合 自己負担額
老人医療 1割 15,000円程度
老人医療
(高額所得世帯)
2割 18,000円程度
国民健康保険・社会保険 3割 45,000円程度

多焦点レンズ(選定療養・自由診療)

多焦点レンズには、選定療養で行うことのできる多焦点眼内レンズと
自由診療で行うプレミアム多焦点眼内レンズがあります。

選定療養の費用(保険診療+追加レンズ代)

保険診療 追加レンズ代
老人医療
1割負担の方
片眼15,000円程度
2焦点レンズ/焦点深度拡張型レンズ
 \190,000(税別)
3焦点レンズ
 \290,000(税別)
 
※乱視用は+\50,000(税別)
2割負担の方 片眼30,000円程度
健康保険
3割負担の方
片眼45,000円程度

プレミアム眼内レンズ ※自由診療

手術費用
Lentis MplusX 片眼50万円(税別)
Fine Vision / Miniwell Ready 片眼60万円(税別)

※カード払い可能です。
※自由診療の場合、手術決定日から手術後3か月までの診察代、薬代を含みます。 

プレミアム眼内レンズについて

プレミアム眼内レンズとは

当院では、選定療養で選択できる多焦点レンズに加え、より見え方にこだわった
【プレミアム眼内レンズ】を取り扱っております。

プレミアム眼内レンズの種類

完全オーダーメイドレンズ
Lentis MplusX

LENTIS_MplusX

ドイツのオキュレンティス社で開発された、完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズです。他のレンズでは作れない強度の近視や乱視にも対応可能です。
また、他のレンズの50倍以上の細かい精度で作製するため、世界最高性能のプレミアムな多焦点眼内レンズとして世界的に高い評価を得ています。
 

お薦めポイント
・他のどのレンズよりも細かくオーダーメイドで作れる精密さ
・他のレンズでは作れない強い度数も作製可能

・コントラストの高い多焦点レンズ

・グレア・ハローなどのデメリットが少ない


プレミアム三焦点眼内レンズ
FineVision/FineVisionToric/FineVisionTriumf

FineVision_toric
遠く、中間、近くの3ヵ所に焦点が合う【三焦点眼内レンズ】です。
眼内レンズ発祥の地、ベルギーのPhysiol社から従来の二焦点眼内レンズの問題点であったコントラストの低下を実用上解消するレンズとして開発されました。

ピントの合う距離は、遠方から中間距離(約65cm~70cm)、手元(約35cm~約40cm)の視力の出やすさがポイントとなっており、2焦点レンズと比較すると中間距離での落ち込みが少ないことが特徴です。
脳の働きによる遠近使い分けだけでなく、明るさに伴う瞳孔の大きさによって遠中近のピントの合い方を考慮しているので、良好な視力と同時に多焦点レンズの課題であるハロー・グレア(眩しさや光の滲み)が少ないのもポイントです。

お薦めポイント
・遠・中・近とも見える
・他の3焦点レンズの中でも手元が見やすい
・コントラストが高い
・グレア・ハローが少ない
 

オールフォーカス眼内レンズ
MINI WELL READY

miniwell_ready
イタリアのSIFI社が開発した、新しいオプティックデザインです。
多くの多焦点レンズが採用してきた構造とは違い、球面収差を利用し見える距離を連続的に延長(焦点深度拡張)することから、別名"オールフォーカス眼内レンズ"とも呼ばれています。
特に遠方~中間の距離の見やすさに強みがあります。また、光の眩しさ・滲み(ハロー・グレア)は他の多焦点レンズと比較しても劇的に少なく、単焦点に匹敵するのが強みです。

お薦めポイント
・全焦点でのコントラストの高さ
・単焦点に匹敵するグレア・ハローの少なさ
・遠く~中間のスッキリ感

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください!

武蔵野タワーズゆかり眼科

電話番号

診療時間

【月・火・金】
午前9:00~12:00/午後15:00~19:00
【水・木】
午前9:00~12:00/午後15:00~18:00
【土】
9:00~12:00
日曜・祝日休診

施設案内

モバイルサイト

武蔵野タワーズゆかり眼科スマホサイトQRコード

武蔵野タワーズゆかり眼科モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!


地図